ホームシアターとは

ホームシアターとは、簡単に説明すると「家につくるミニシアター」のことです。つまり、自分だけのための映画館を自宅に作ってしまうことです。
自宅の映画館なら好きなときにトイレにも行けるし、酒を飲みながらでもお菓子をボリボリ食べながらでも、誰にも文句を言われずにゆっくりと映画鑑賞ができます。
DVDソフトを借りてきて、普通のテレビでゆっくり見るのもホームシアターです。 でも、やっぱり映画館のような迫力を得るためには、「大画面」「大迫力の音響システム」の2つの要素が必要不可欠ですね。
休日は自宅のホームシアターでゆっくりと映画ざんまい。そんな生活にあこがれる人は多いでしょう。
ホームシアターセットを手に入れれば、自宅でも映画館での感動を手軽に楽しむことができるようになります。
ホームシアターセットは大画面で映像を楽しむだけでなく、ドルビーデジタル5.1以上に対応した音響設備を使うことで、映画館でしか楽しめなかった前後左右から飛んでくる迫力ある音を楽しめます。



パイオニア 5.1サラウンド・システム HTP-S3


パイオニア 5.1サラウンド・システム HTP-S3

ホームシアターの機器

映像機器をテレビとプロジェクターのどちらにするかは迷うところです。単純に画面の大きさと予算を考えるとスクリーン+プロジェクターの方が安く上がりますが、リビングに設置する場合は薄型テレビの方が違和感が無いかもしれません。
音響セットは大音量を出すだけではなく、画像に合わせて適正な場所から音を出すことであたかもその場面にいるような臨場感を楽しめるのです。
スピーカーは左右のスピーカーがBGMや効果音、センタースピーカーから映画のセリフ、サラウンドスピーカーは音に囲まれる臨場感を担当し、サブウーファーは爆発音などの超低音を再生します。

ホームシアターの設置

それでは、実際にホームシアターセットを使うのにあたって、考えなければいけない点にはどのようなことがあるでしょうか?
大画面テレビを使用する場合は ディスプレイの大きさも大きくすればよいというのではなく、部屋の大きさに適した「画面サイズ」を選ぶのが大切です。
そして、スピーカーの設置ですがサブウーファーから発せられるLFE成分はエネルギーが強いので、サブウーファー自体ががたつかないように設置します。ポイントは、壁面とユニットの放射軸が平行にならないように設置することです。
それから電源ですが、アンプの背面やビデオの背面にあるサービス用電源連動コンセントは便利ですが、アンプに対して接続した機器が悪さをしたり、またその逆にアンプが接続機器の信号に影響を与えたりするので出来るだけ使わないようにしましょう。

ホームシアターを作るための予算

ホームシアターセットは性能やサイズによって大きく価格が異なります。 画像や音響のどれか一点に集中して必要なものが揃わなくなるより、少し抑えて 一通り揃える方が満足行く結果になると思います。
同じ予算で、より大きな画面を手に入れるのなら大画面テレビよりもプロジェクター&スクリーンの方がインチサイズで比較すると格安になっています。
予算重視でより手軽に楽しむのなら、アンプとスピーカーがセットになった「ホームシアターセット」がいいでしょう。1点ずつ選ぶよりずっと格安で揃えられます。
購入する場所としては、AV専門店なら視聴もじっくり出来てアドバイスももらえるので安心です。アフターケアのことを考えるとネットよりもお店に足を運んで購入をした方が良いかもしれません。
2010年にはテレビの地上波もデジタルになります。そうなると、DVDだけではなく多番組もホームシアターで楽しめるようになるので今から楽しみですね。
昔観た思い出映画DVDも最近は5.1チャンネルに対応しているので、前に観た時とは一味違う感動を味わえるでしょう。

ホームシアターを作るための予算

ホームシアターセットは性能やサイズによって大きく価格が異なります。 画像や音響のどれか一点に集中して必要なものが揃わなくなるより、少し抑えて 一通り揃える方が満足行く結果になると思います。
同じ予算で、より大きな画面を手に入れるのなら大画面テレビよりもプロジェクター&スクリーンの方がインチサイズで比較すると格安になっています。
予算重視でより手軽に楽しむのなら、アンプとスピーカーがセットになった「ホームシアターセット」がいいでしょう。1点ずつ選ぶよりずっと格安で揃えられます。
購入する場所としては、AV専門店なら視聴もじっくり出来てアドバイスももらえるので安心です。アフターケアのことを考えるとネットよりもお店に足を運んで購入をした方が良いかもしれません。
2010年にはテレビの地上波もデジタルになります。そうなると、DVDだけではなく多番組もホームシアターで楽しめるようになるので今から楽しみですね。
昔観た思い出映画DVDも最近は5.1チャンネルに対応しているので、前に観た時とは一味違う感動を味わえるでしょう。

ホームシアターに必要なもの

ホームシアターを構築するためには、
・大画面
・大迫力の音響システム・DVDプレーヤー
の大きく3つの要素が必要となります。

大画面を得るためには、プロジェクター+スクリーン or 液晶・プラズマテレビになると思います。
最近、「リアプロ」と呼ばれるリアプロジェクションテレビも登場しておりますが、狭い日本の家には、あまりオススメできません。
大画面のオススメは、やはりプロジェクターですよね。映画館さながらの映像が楽しめます!
音響システムについては、
「5.1ch」と言われている、5個のスピーカーと1個のウーハーとAVアンプ(5.1ch用) が必要です。
ウーハーとは、低音域の出力が高いスピーカーのことです。
5個のスピーカーは、センタースピーカー×1個(主に映画のセリフを出力)フロントスピーカー×2個、リアスピーカー×2個です。
AVアンプは、DVDプレーヤーからの音声信号を増幅するものです。5.1ch用のアンプが必要です。

ホームシアター初心者には、ホームシアターセットというお得で、導入が簡単なセットもあります。
私も導入用の5.1chのセットを購入しました。YAMAH製で2万円くらいだったと思います。これでも十分大迫力が楽しめます。

5.1chサラウンドでホームシアター